カテゴリー
国内 旅行

伊勢神宮 凛とした空気に満ちた神域

〜 昔から日本人がお参りに来た 伊勢神宮 〜

今回は日本を代表する神社、伊勢神宮について、添乗員としてツアーで携わった時のことも踏まえながら、お伝えしたいと思います。

伊勢神宮 について

お伊勢さん、でおなじみの伊勢神宮。

伊勢神宮は、三重県伊勢にあります。
実は、「伊勢神宮」は通称で、「神宮」のみが正式名称です。
それだけ別格と言えます。

125社から成りますが、中心となるのが、
・皇大神宮(こうたいじんぐう)「内宮」(ないくう)
・豊受大神宮(とようけだいじんぐう)「外宮」(げくう)
です。

内宮は、総氏神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

外宮は、衣食住を始めすべての産業の守り神を祀っています。

内宮がメインですが、外宮と内宮の両方お参りすることが慣わしとなっていて、正式参拝を謳ったツアーでは両方訪れます。

内宮外宮の社殿は、似ている部分も多いですが、御正宮(ごしょうぐう)の千木(ちぎ)の切られ方、鰹木(かつおぎ)の数など、細かな違いがあります。

伊勢神宮 参り方

外宮、内宮の順で参拝するのが正式とされています。

伊勢路の大学駅伝のゴール地点ともなっている広い敷地が、内宮のバス駐車場です。

ツアーですと、ここでバスを降り、案内の方と合流することもあります。

五十鈴川が流れていますが、日常と神域をつなぐ、宇治橋を渡ります。

ヒノキの森の中に内宮はありますが、凛とした空気が流れていますね。深呼吸すると全身マイナスイオンでいっぱいになりそう。

これもまた素敵なのですが、参拝前のお清めは、普通神社では屋根付きの手水舎で行いますが、ここ伊勢神宮では、河原にでて、五十鈴川の流れでお清めができます。

伊勢神宮

最奥部まで進み、立派な石段を上がると、御正宮に到着します。

ここで、二礼二拍手一礼。別ルートで帰り、希望者はお守りや御朱印など頂いていて帰ります。

参拝後のお楽しみ おはらい町・おかげ横丁

先程のバス駐車場からは、門前町のおはらい町・おかげ横丁が伸びています。

ツアーですと、参拝後は各自こちらでフリータイムになることが多いですね。

お土産屋食べ物屋が賑やかに並んでいます。

伊勢神宮

本店もある赤福が、最も有名で人気ですが、赤福餅の他に、季節によって、赤福氷、赤福ぜんざいがあります。

うどんも有名ですが、
伊勢うどんにコシを求めないこと(笑)
もともと柔らかいことがウリのうどんです。

わたしのおすすめは、その名も五十鈴川カフェという喫茶店で、五十鈴川を眺めながら落ち着けていいところです。

2016年伊勢志摩サミットも行われた地域であり、ツアーではこの後、伊勢志摩のホテルで一泊することも多いですね。

式年遷宮 20年毎に入れ替わる 

お伊勢参りをした方で、参拝した御正宮の隣に、木の垣根で仕切られた敷地があることに気づいた方もいるかも知れません。

隣にあった敷地(古殿地)は、今ある御正宮のある敷地と同じ広さで並んでいて、20年交代でお宮を建て替え、神様が行き来します。

20年に1度、瑞々しい状態を保つためお宮を造り替え、神様にお遷りいただくお祭りが、「式年遷宮」と言われるものです。

わたしたちも添乗員として、神社関係の方達と、この式年遷宮の行事に携わったことがありました。

 
私がご一緒したのは、式年遷宮期間の、「御白石持」(おしらいしもち)行事の時でした。
新宮に御白石を奉納する行事でした。

これは平成25年(2013)の式年遷宮の時でした。

式年遷宮の行事は大きく分けても、ご神木のお祭り、社殿建築のお祭り、神遷しのお祭り、とあります。

なんと、この時の式年遷宮の行事は、平成17年から平成25年までかけて行われました。

ちなみに式年遷宮の際に解体され旧殿のヒノキは、神宮内や全国の神社の造営に再利用されています。

次回の遷宮は、令和15年(2033)です。

お伊勢参りにまた今度

またの機会に、感謝を込めてお伊勢さんへお参りもいいかも知れませんね。

また旅に出たくなる旅行グッズを紹介してますので、こちらをご覧ください。

寺社で便利な御朱印帳ケースの記事はこちらです。

カテゴリー
国内 旅行

奥入瀬 東北 国内旅行 新緑おすすめ

〜 国内旅行の新緑おすすめ場所、 奥入瀬 〜

「落ち着いたら、国内をゆっくり旅してみたいけれど、どこがいいのかしら?」
「いい時期に行きたいね」

なかなか落ち着かない状況が続いていますが、春から初夏へと向かい、これから本当に気持ちのいい季節となります。
ウキウキする気持ちから、のんびり旅行へ行きたくなりますよね。

今回お伝えしたいのは、、、

東北 奥入瀬渓流 です。

のびのび旅行ができるようになった時のご参考になればと思います。

国内旅行新緑おすすめ 東北   奥入瀬 GWから夏の頃

国内の新緑で、わたしが真っ先に思い出したのが、奥入瀬の新緑でした。

奥入瀬 国内旅行 新緑 おすすめ 東北

東北はGW頃の弘前公園の桜を最後に(ここの桜も日本屈指の桜ですよー)、初夏を迎えます。

奥入瀬渓流は、青森県と秋田県にまたがる十和田湖から、青森県側に唯一流出しています。

子ノ口(ねのくち)から焼山(やけやま)までの14km、移り変わる景色、全てが見どころです!

日に照らされ輝く新緑の中、渓流沿いの道をバスが走る〜
新緑の美しさは目にやさしく、心洗われますね。

東北はどの時期に行っても良さがありますが、新緑では5〜6月ごろで、初夏の奥入瀬は最高です。

渓流沿いに滝がいく筋も流れているんですよね。

ブナやトチノキの広葉樹林がまたいいんですよ。

奥入瀬渓流には散策路が設けられています。
ツアーですと美女盗賊が住んだ伝説のある石ヶ戸(いしげど)あたりで下車して散策します。
バスを降りて歩けるのも楽しいですよね。

添乗員と 奥入瀬

ツアーではバスガイドさんがいるコース、いないコースがあります。

バスガイドさんがいない時は添乗員が出てくる滝の名前をマイクで伝えていきます。

手元の地図のあんちょこを見ながら滝をお伝えしていくのですが、、、

時期によって滝が隠れるんですね。

葉が落ちていた時には丸見えだった滝が、新緑で茂ったがゆえに滝がよくわからない、、、

えっとー、、、

「ここは双白髪(ともしらが)の滝だよー」

見かねたドライバーさんがこっそり教えてくれました。

おお、、ドライバーさん、ありがとー!

地元のドライバーさんは何度も走ってるんですよね。

新人で奥入瀬に来た時、添乗員はみんなドライバーさんに助けられた経験あるのではないでしょうか。

東北にはおいしい食べ物と温泉がある

海外と比較して国内の旅行よさは、なんと言ってもごはんがおいしいことでしょう。

東北は、なにより食べ物がおいしい印象があります。
野菜、白米、汁物、全ておいしい。
生き返ったー、と叫びたい!ほど。

また国内旅行の醍醐味に温泉があります。

東北には秘湯がいっぱい。
ひとう、なんだか素敵なひびきですよね。

東北には、秘湯、温泉が県境の奥地周辺に巡り切れないほど相当数ある。
宿泊温泉もあるし、日帰り温泉もある。

ツアーではどこかしらの温泉宿に泊まることになるでしょう。

国内旅行の醍醐味、食べ物と温泉を兼ね備えるのが東北です。

国内旅行 新緑 おすすめ 東北 奥入瀬

素敵だった奥入瀬渓流ホテル

かれこれ10年以上前になりますが、印象に残るホテルがあります。
ちょうど奥入瀬を抜けるとその素敵なホテルが見えてきます。

奥入瀬渓流沿いに唯一建つリゾートホテル、で有名な奥入瀬渓流ホテルです。

近くに遊歩道あり、足湯へ行くこともできます。

なんといっても食事が美味しい。野菜割烹と名付けたら良いのでしょうか、新鮮な野菜を選んでその場で盛り合わせを作ってくれる。ご飯もツヤツヤだし、汁物も身体に優しい味。
青森ですから、搾りたてリンゴジュースも格別です。

ホテルの空間デザインも居心地いいですね。

いいホテルだなと思っていたら、星野リゾートになりました。

星野リゾートになってから訪れていませんが、また訪れてみたいホテルです。

国内を再発見の旅に今度行ってみよう

のびのび旅行ができるようになったら、奥入瀬に行ってみませんか?

わたしたちの取り扱っている旅行グッズもお出かけにピッタリですので、こちらよりご覧ください。

ECサイトについての記事はこちら。

カテゴリー
国内 旅行

京都 桜 その見頃はいつ頃か?

〜 京都 桜 の旅行について 〜

関東ではソメイヨシノが終わりました。今年は大人数で集まってのお花見は避け、近くの桜を楽しまれた方が多かったのではないでしょうか?

「いつお休みをとって桜を見にいけばよいの?」
「せっかく行くなら桜の見頃の時期に行きたい」
「いつも桜の見頃を外しちゃうのよね、、、」

ツアーの添乗員をしているとよく聞かれます。

ツアーの場合、早い段階で申し込みをするため、桜の見頃に当てて行くのは難しかったりします。

今回は、先週コロナ対策をとったツアー添乗の仕事で、実際に京都を訪れたため、今年の京都の桜の見頃時期の状況をお伝えします。のびのび外出ができる来年以降にお出かけの際の参考データになればと思います。

実際の旅行で京都の桜は見頃だったのか?

期間は3/30-4/1、東京駅から新幹線に乗って関西へ向かいました。

平日11時台の新幹線のぞみに乗車しました。新幹線の状況は、満席ではありませんがビジネスマンも適度に乗車していました。天気予報は晴れでしたが、車窓からの空は薄曇りであり、明日の桜観光が晴れるのか心配になります。あとで調べると、薄曇りの正体は黄砂の影響でした。ホテル到着後、検温、飛沫防止の距離を保った会場で夕食を取り、明日に備えます。

翌3/31、京都の桜のトンネルで有名な、哲学の道へ到着してみると、、、

これ以上ない見頃でした!

この日は東寺も訪れましたが、こちらはもう桜吹雪が始まり、ギリギリ見頃でした。

というわけで、今年の京都の桜の見頃は、3/31頃ということになります。

ちなみに、担当したコースは、設定の最初1本目でした。来週にも設定があり、結果を知っているだけにかわいそうです。
旅行会社も、毎年観光地の見頃データを収集してコースを設定していますが、その年の気温などによって見頃時期が変化します。京都の桜に関しては4月上旬を軸に設定している旅行会社が多いようです。
去年今年で言うと、3月末が見頃でした。
お花見と紅葉は当てるのが非常に難しいとされています。桜で言うと見頃は体感で1週間弱、その後一気に散って、葉桜へと変化していきます。

京都 桜 おすすめスポットはどこ?

京都に桜の名所は数多くあります。好みによるかと思いますが、わたしは平安神宮の神苑内にある紅しだれ桜群のしだれっぷりが、インスタ映えしそうな、絵になるスポットでおすすめです。

京都 旅行 桜

添乗員と桜

海外の添乗を中心としている場合、添乗員は季節感がなく、いつの間にか季節が移り変わっていることがあります。海外の添乗ですと月2本が平均的なのですが、そのため一年に一度のタイミングで、帰国時に咲いた桜を見ることができます。

機内の窓から、成田、羽田の空港が近づき、桜が迫ってくるシーンは、ツアーを無事終えた安堵感と、

ああ、日本人でよかった、、とふと思うことがありますね。

ちなみに羽田からの電車交通手段は、京急と、モノレールがありますが、桜の時期は車窓から運河沿いに桜が見られるモノレールで帰ることにしています。

京都 桜 来春は見に行こう

今年は京都は3/31ごろ桜の見頃でしたが、来年のご参考になればと思います。

来春にはもう少しのびのび旅行ができることでしょう。

国内の旅行も改めて再発見があっていいですね。

状況みつつ、気分の上がる旅行グッズを手に、今度また旅に出かけよう。

旅行グッズサイトについての記事はこちら。

旅行グッズ ECサイト