カテゴリー
未分類

旅行準備 下調べって何してる?

今日は 旅行準備 についてのお話です。

添乗員として旅行前に準備すること、下調べすることを挙げてみたいとおもいます。

海外の場合を中心にお伝えします。

添乗員、下調べをする

時差

サマータイムの境目のあたりの旅行は注意ですね。

ヨーロッパは2021年でサマータイム終了、で進んでいましたが、コロナがより落ち着いてから決まっていくでしょう。

天気・気温

1ツアーでも、エリア、標高などによって、気温差ある場合ありますよね。

気温にともなう服装は、いのいちばんに聞かれることですね。

持ち物

エリア、ツアー内容によって必要な持ち物を事前にご案内することもあります。

お金

例えば一週間のツアー期間だとして、何の通貨をどれくらい両替すればよいか、どこで両替するのが良いか、クレジットカードはどの程度使えるのか、なども知りたいですよね。

チップ

お金のことでいうと、日本にはなじみのない、トイレなどのチップについてもよく聞かれます。

免税

また、免税については、その国ではいくら以上が免税範囲なのか、手続き方法はどうか、も国によって違ってきます。

治安

日本いると気づきませんが、海外にでた場合、スリ、置き引き、ひったくりは特に注意です。

海外安全ホームページでの出発前の安全確認、たびレジの登録は大事ですね。

ツアー内容

募集パンフレット、日程表、アイテナリー(具体的な手配内容が書かれた日程表)、をチェック。

旅行の契約内容を確認します。

ツアーの動き

例えば、どこで何の乗り物を使うか、もアイテナリーに書かれていますが、スイスなど何度も山岳系乗り物を利用するため複雑となっています。

スーツケースを持って列車移動するのか、スーツケースのみバスに積んでホテルでピックアップするのか、によっても動き方が変わってきます。

観光時間・移動時間

駐車場からどのくらいかかるのかなど、どのくらいの時間配分が適当かも考えておきます。

起伏はどのくらいか

これもよく聞かれます。

トイレの場所

一番大事な情報と言ってもいいかもしれません笑

過去に同じツアーが出ているのであれば、それまでの添乗員が記録した日報も参考にします。

たまに、注意事項がわかりやすい神日報を書いてくれる添乗員さんがおり、ありがたいです笑

旅行ブログなど参考にすることもあります。

地図(オフライン対応)

立ち寄り場所の位置を把握します。

初めて行くレストランへお連れすることもよくあります。

また、バスであとどのくらい時間かかるかの目安にもなります。

国内でも去年、地域共通クーポンの利用により、どこの都道府県かの把握が重要になってきました。

フライト

様々な理由で、遅れや欠航が出る場合があります。

フライト情報から、その後の代替便を探す必要がある時もあります。

座席

航空会社によって席のおさえ方が変わってくるため、お客様に早めにチェックインしてもらう、WEBチェックインをご案内する、などします。

空港

特に乗り継ぎの方法が重要なことがあります。

ホテル

ホテルの設備についてはもちろん知りたいでしょう。

ただそれだけでなく、「早くホテルにチェックインしたら、少し出かけようかなー」という方もいるでしょう。

そんな時は、最寄駅やバス停、街中への交通手段も大事だったりします。

お土産

何がお土産であり、どこで買えるのか。「買いそびれたー」ということがないよう、ツアーの序盤でお伝えしています。

フリー昼食・フリー夕食

近い行動範囲から美味しいレストランをある程度見つけておきます。初めてのレストランで美味しいところに当たるととても嬉しいです。

人気店は予約必要な場合があります。

自由時間・フリータイム

特にフリータイムの予定が決まっていない方へモデルコースをご提案することもあります。

休日

イースター(復活祭)に連動する移動祝祭日を忘れがちです。

オーストリアなど日曜日は一般のお店は閉まります。

宗教

礼拝所では肩膝の隠れた服装、写真不可、大声を控え静粛でないと入れない場合があります。

イスラム教の強いレストランではアルコールの提供がないことも。

話題・ネタ

バス車内で話す、興味を持ってもらえそうな話題を考えておくことも大事ですね。

音楽

バス長距離移動中のBGMとして、CDを用意していくこともあります。

落ち着いたら 旅行準備 をして

また自由に旅行へ行けるようになるといいですね。

またの旅行に持っていきたくたるグッズはこちらをご覧ください。

また旅行グッズについての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

離島ツアー 八重山諸島その楽しみ方

 〜 石垣島を中心とした八重山諸島の 離島ツアー 〜

「おーりとーり(八重山言葉で「いらっしゃい」)!」

今回は離島ツアーについてお伝えしましょう。

わたしたちメイアイクリエイトは、東京と沖縄石垣島に事務所を構えており、石垣島とは深い関係があります。

今回は、その石垣島や離島ツアーについて、実際の仕事などで行った時のことを交えてお伝えします。

離島ツアー の玄関口 石垣島

わたしたちは昨年2020年にクラウドファンディングを実施しました。

クラウドファンディングではご支援いただいた方に、お返しとしてのリターンをいくつかある中からお選びいただくのですが、そのリターンの中で真っ先に埋まったのが、石垣島一日所長でした。

その際に挙げた、おすすめ魅力スポットはこちらです。

【1日石垣島営業所長!】

・南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港(石垣所長任命式)笑

・高嶺酒造(泡盛工場視察)

石垣島の代表的な泡盛『於茂登』(おもと)を製造しているのはココ高嶺酒造だけ!!

泡盛は保存条件の良い場所で寝かせることによって味に深みが増しまろやかになるのです!しかも瓶詰めではなく、琉球王朝時代から古酒づくりには最良と言われているシュロ巻きの5合壺をご用意します。島酒を知り尽くした酒造所に保管する泡盛はきっと素晴らしい味に変化していくことでしょう。

最高10年間寝かせることのできますが、次回この島にお越しになる楽しみにとっておいても良いし、10年後にこの年を思い出しながら飲むのも楽しみの一つですね。

・川平湾(グラスボート&そばランチ)

その後、石垣島の名勝地、川平湾にてグラスボート乗船&八重山そばランチ!

島一番の景勝地、川平湾ではグラスボートに乗船し海の中もご案内!色とりどりの熱帯魚やカクレクマノミにも会えるかもしれませんよ!

・グラスアイランド(グラス作り体験)

琉球グラス工房視察では、ご自身でオリジナルグラスを作成して頂きます。

短時間で世界にひとつだけの自分だけのグラスが作れます!

過去に仕事で何度か滞在し、お客様を空港でお迎えしホテルへご案内したこともありました。

添乗員の仕事は、繁忙期と閑散期があるため、閑散期の一定期間、この石垣島の事務所で添乗の仕事をした方もいます。

海がとても綺麗なので、先程の川平湾の他にも、平久保崎灯台、高取崎展望台、米原海岸などがおすすめです。

お食事については、八重山そばの他に、石垣牛も有名です。

ここ八重山諸島は星もキレイなんですよね。

石垣港から星空クルーズも出ていて、少し港の灯りから離れた場所から見た星空は最高です。レーザーで星の話もしてくれます。

石垣港離島ターミナルのそばには、繁華街の美崎町があり、みんなで楽しめるお店が並んでいます。

また、石垣島ヴィレッジという、バルのような店鋪が幾つか入っている複合飲食店が数年前にできました。

その中には、せんべろ飲み、とも言える、1000円でドリンク3杯がつき、1杯注文ごとにテーブルの貝殻が持っていかれるシステムのお店もあり楽しめます。

感染症が落ち着いたら、このあたりのお店はみんなで楽しめていいですね。

また近くのユーグレナモールでは、お土産物を調達することができます。

離島ツアー 島めぐり

さて、石垣島は、八重山諸島の玄関口として、島めぐりも楽しいところです。

石垣港離島ターミナルからフェリーを選んで各島へ渡ります。

・竹富島

赤瓦の民家、その間を水牛車に揺られていくのは風情がありますね。

・黒島

牛が多く放牧が盛んなところです。

・小浜島

さとうきび畑が広がり、レンタサイクルでゆっくり回ることもできます。

ちなみに、八重山諸島で唯一18ホールを擁するゴルフ場「小浜島カントリークラブ」をかつてご案内したことがあり、日本最南端、最西端のホールとうたっています。

日本最南端をうたう回転寿司が石垣島にあります。笑

・西表島

ジャングルの中をトレッキング、マングローブの海岸を遊覧クルーズやカヌーで回ったりと楽しめます。

・波照間島 

波照間ブルー、といわれる海の色は、八重山屈指の美しさです。

また、お天気によりますが、ここも星空のキレイな星の島としても有名です。

石垣島からどこの島に行こうが迷ってしまうほどに魅力的な島々ですね。

石垣島でお待ちしております〜

落ち着いたら魅力溢れる八重山諸島へお越しください。素敵な滞在になることでしょう!

そんな楽しい旅のお供に、こちらの旅行グッズサイトをご覧ください。

旅行グッズについての記事はこちらからです。

カテゴリー
未分類

海外 エコバッグ おしゃれで環境にもやさしい

〜 海外 エコバッグ 事情〜

今回は海外ツアーでもよく聞かれるエコバッグについてお伝えします。

実際にご案内した、 海外 エコバッグ 

・MONOPRIX モノプリ フランス
もっともよく聞かれ、もっとも有名かもしれません。
非常に小さくまとまり、デザインも数パターンあります。

・IRMA イヤマちゃん デンマーク
コペンハーゲンで、メインストリート「ストロイエ」でのフリータイムの時、またはホテルチェックイン後、女の子のキャラクター「イヤマ」ちゃんのバッグを買うために、スーパーへ行かれる方もいらっしゃいます。

・Trader Joe’s トレーダージョーズ アメリカ
企業様の視察旅行で、全員男性の方でしたが、 
奥様に頼まれて購入された方もいらっしゃいました。
無人コンビニ Amazon Go にもいきましたが、無人購入体験とともに、Amazon Go のエコバッグも面白いかもしれません。

・Marks&Spencer マークス&スペンサー イギリス
ロンドンフリータイムで購入できます。

・HEMA ヘマ オランダ
アムステルダムなどにある雑貨屋さんです。

海外での旅行土産の一つとして、訪れた場所毎に集める人もいるくらいです。

また、ホテル近くの地元スーパーに買い出しにいくのも、楽しみのひとつですよね。

ちなみに、よく海外スーパーで、ある商品が地元で作られた物なのか、輸入物なのか、お客様から聞かれることがあります。

スーパーの豆知識:裏面にわかりやすく表示されていない場合、EANコード、いわゆるバーコードの2-3ケタの国コードがわかると、どこで生産されたかわかります。
例えば日本だと49や45、イギリスだと50から始まります。

わたしたちのサイトのエコバッグ

そして、わたしたちの旅行グッズサイトでも、おしゃれなエコバッグをご案内しております。

ハンカチエコバッグ

ハンカチにも、エコバッグにも使える、丁寧に作り込まれたおしゃれで便利な優れものです。

エッフェル塔エコバッグ

エッフェル塔とトランクをモチーフに、「取らないでください。袋も中身も安物です。」と、スリの多い海外でちょっと笑えるメッセージの入ったエコバッグです。

お早めにこちらからご覧ください。

エコバッグは、軽くてかさばらずシンプルで、実用的なところがいいですよね。

主婦がレジ袋の代わりに使う買い物袋、としてだけでなく、ちょっとしたお出かけや、とっさの買物、サブバッグとしてなど、様々なシーンで便利に使うことができるでしょう。

海外 エコバッグ いつから始まったの?

海外では日本以上にエコの取り組みが盛んです。

特にドイツはエコ先進国といわれています。

3・11後、日本以上に脱原発クリーンエネルギーに舵をきったのもドイツでした。

オイルショック以降、資源を守る動きは少しずつすすみ、ドイツでは1990年代にはテューテと呼ばれるエコバッグが、かなり普及していました。使用率がとても高いです。ペットボトルの返却回収なども早い段階で行われました。

海外旅行ではエコバッグは必需品です。

日本のエコバッグ

レジ袋に利用されるプラスチックは、成形しやすく生活に貢献していますが、海洋プラスチックごみ問題など課題があります。

2016年から2030年の15年間に達成する目標、SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が国連サミットで掲げられたことも、ニュースになりました。

ライフスタイルを見直すきっかけとして、日本でもレジ袋有料化は進んでいましたが、去年2020年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化が国で定められました。

エコバッグを持って出かけよう

自分の好みに合ったバッグを探してみるのも楽しいですね。

おしゃれで環境にもやさしいエコバッグを持って、またお出かけにいきましょう。

わたしたちの運営する旅行グッズサイトはこちらをご覧ください。

エコバッグ、についての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

旅行持ち物 添乗員 が持っていくもの

〜 旅行持ち物 添乗員 バージョン 〜

前回、旅行持ち物についていろいろ書きました。今回はツアーで添乗員が持っていく旅行持ち物をご紹介しますね。

国内ツアーはその場で揃えたりできるため、今回も海外ツアーの添乗員持ち物を書きます。

旅行持ち物 添乗員 カバンの中身は?

旅行会社でこれ持ってってね、と指定されているものもあります。

添乗員ごとにそれぞれ工夫していたりしますよね。
決まったものというのは無いんです。
それぞれのスーツケースの中には、それぞれのグッズは入っているでしょう。
今回はわたしの場合です。

スーツカバー 
行き帰りジャケットを着るため、ジャケットをしまえるスーツカバーを持っていきます。
スーツは丸ごと、クローゼットの中に置いてきたことは数回あります、、(泣)

靴2足
わたしの場合、靴は2足です。
添乗員は歩くことが多いです。毎日履いていて消耗が激しかったので、2足交互履きにしています。
そのツアーの種類や方面にもよりますが、行き帰りはジャケットスタイルであることが多いため、それに合わせた歩きやすい革靴と、ウォーキングシューズを持っていき、交互に履いたりしています。

靴接着剤
「接着剤ある?」何回か聞かれたことがあります。その中で、靴のソールがはがれてしまった場合が多いです。
その靴をしばらく履いていないとか、前回の旅行ぶりに履くとかですと、靴が固くなって劣化して底がベロンとはがれることがあります。
これ結構ありました。
ツアー中は歩くことが多いので、歩きづらいとたいへんですよね。

ガムテープ
いろいろ使えますが、特にスーツケース破損の応急処置には活躍しますね。

プチプチ(エアパッキン)
少し入っています。クリスマスマーケットでは、グリューワインを注文すると、陶器のカップ代も含まれているので返却しなければ持ち帰れます。飲み終わったあと、スパイスの含まれた濃厚なワイン跡をよくゆすぎ、エアパッキンで包むと、安心して持って帰ることができます。

ラゲージチェッカー
添乗員の腕ははかりになっている、と冗談を言われるほど、持ち上げればだいたい荷物が23kg超えているかどうかわかります(笑)
帰国日など荷物の重さをラゲージチェッカーではかる方もいらっしゃいます。

携行食(おかゆ・味噌汁
体調はいつ崩れるかわかりません。
僻地で、現地の食事を召し上がるのが難しくなった方に、フリーズドライタイプのおかゆをお出ししたところ、「生き返ったー」とおっしゃってくれました。

スポーツドリンク粉末
また食事自体摂るのが難しければ、ポカリスエットなどの粉末をミネラルウォーターに溶かして飲むといいです。脱水症状を防ぎながら、栄養補給ができます。

お茶粉末
僻地ではお茶をミネラルウォーターに溶かして飲むのも、ホッとしますね。

塩飴・冷えピタシート
非常に暑い地域では、タイミングをみて熱中症対策としてお渡しすることもあります。

お醤油・ポン酢 
海外の場合、魚がメニューに出た時に、魚をグリルしただけのことがあります。そんな時、日本の調味料を足すとお口にあう場合があります。
ポルトガルの海の街ナザレはイワシグリルで有名ですが、以前レストランで昼食に立ち寄った時、前の添乗員さんが持ってきたお醤油がテーブルにそのまま置いてありました(笑)

CD 
長距離バス移動が長い時、旅行の雰囲気を盛り上げる時、バス車内でBGMをかけます。日本で用意したり、現地サービスエリアなどでもBGMに適したCDを置いたりしてます。
携帯にダウンロードしたBGMをマイクで流す場合もあります。

付箋 
ちょとしたメモをお客様に目で確認していただく際に便利です。

メッセージカード 
お誕生日などの方がいた時など、メッセージを添えたい時に使っていますね。

ミニライト 
夜の目印や、足元を照らしたりすることがあります。

噴霧式の虫除け
ホテル部屋で虫の出やすいエリア、時期、によっては使ったりします。
引火性のガス缶タイプは飛行機に持ち込めません。

また今度ご旅行へ

落ち着いたらまた旅行へ行きたいですね。
持って行きたくなる旅行グッズのサイトはこちらをご覧ください〜

旅行グッズの記事はこちらです〜

カテゴリー
未分類

イタリア みんなの憧れの場所へ

〜 日本人が好きな イタリア 〜

落ち着きを取り戻すまでもう少し時間がかかりますが、再開後の旅行が楽しみになるような情報を本日もお伝えしていきます。

今回は、イタリアの旅行についてお伝えしたいと思います。

いろいろなイタリアの旅行、ツアーの添乗員として訪れた時のことなどを書きます。

パッケージツアーのイタリア

イタリアの旅行、といっても様々なものがあります。

いわゆるパッケージツアーでも、いくつかあります。

ローマ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェなど回るイタリア周遊のもの。

カプリ島、ポンペイ、アマルフィ、マテーラ、アルベロベッロなど回る南イタリア。
南イタリアはシチリア島も一緒に回ることもあります。

ハイキングシーズンは、ドロミテ街道中心に回る北イタリア。

地中海クルーズでは、ジェノバ、ベネチアなど寄港します。クルーズ船でベネチアへ寄港する場合、運河の街ベネチアを、クルーズ船の高い位置のアドリア海側から、通過しながらご覧いただくことができます。

同じイタリアでも、実に様々な周り方、コースがあります。

そのため、いらっしゃる方は、「ヨーロッパ初めましてー」の方や、リピーターの方といろいろです。

ハネムーンの方もよくいらっしゃいますので、お祝いしたこともありました。

オーダーメイドツアーのイタリア

パッケージツアーだけではありません。

いろいろなグループ、団体がイタリアを訪れています。

カトリックの総本山バチカンがあるため、巡礼ツアーもよく行われます。現在のフランシス教皇の人気は、実際訪れるとよくわかります。

グループや企業の視察旅行もよく行われます。

また、ワイナリーやチーズ工房など回ることもあります。

学生の研修旅行の訪問地としてもよく選ばれます。
初めて海外に触れる若いリアクションは新鮮です。

添乗員は、経験を積みながら、添乗するエリアを広げていくことが多いため、ヨーロッパエリアですと、イタリア、またはロマンチック街道、でヨーロッパ添乗デビューしましたという話はよく聞きます。
添乗員にとっては思い出深い場所、お世話になった場所でしょう。

10年前 イタリア の街角

2011年3・11直後に催行が決まっていたツアーで、イタリアを訪れる機会がありました。

カプリ島には世界的に有名な青の洞窟があります。
ナポリからは船で、カプリ島到着後は中型ボートで洞窟の入口まで行きます。
すると、洞窟の上に大きな日の丸が張り出されていました。
世界中の人々が一度は訪れたい洞窟が、まさに日本人のための洞窟のようでした。

運河の張り巡らされたベネチアは、狭い路地に多くのトラットリアと呼ばれるレストランや、バーカロと呼ばれる飲み屋がひしめいています。
迷路のような路地を歩くと、そこかしこ日本の国旗がありました。

青の洞窟にしても、ベネチアのトラットリアにしても、日本人の心情を思いはかって取り付けたのでしょう。いつも日本人が多く訪れていた観光地であったことは確かですが、逆の立場で何かしただろうかと考えると、勇気づけられるものでした。

現在のイタリアの状況

2021年5月現在、日本からイタリアへは、渡航中止、入国不可、です。

いつかまたイタリアへ

またイタリアへも自由に旅行ができるようになるといいですね。

この先の旅行のお供にグッズをご用意しましたのでこちらをご覧ください。

また旅行グッズについての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

マスクポーチ スマートな清潔感のあるアイテム

〜 おすすめしたい マスクポーチ 〜

普段マスクをどのように持ち運んでいますか?

カバンやポケットに入れて、マスクがシワシワになってしまったことはないでしょうか?

また衛生的にも気になりますよね。

ちょっとした外出、お出かけの時に、マスクを外すことや、予備のマスクを持ち運ぶこともあるでしょう。

前回はマスク仮置きケースについてお伝えしましたが、
今回はわたしたちの旅行グッズサイトにある、かわいいマスクポーチたちについてお伝えします。

マスクポーチ ラインナップ

それではマスクポーチのラインナップを見てみましょう〜

今回もなかなかおしゃれなラインナップですね〜

サイズ感

本体 縦12cm横20cm 
前ポケット 縦10cm横20cm

マスクを広げた状態でぴったり収納できるサイズです。

布マスク、立体マスクも収納できます。

このサイズならバッグの中に入れてもスッキリ保管でき、持ち運びしやすいですね。

設計

このマスクポーチには前ポケットがついています。

前ポケットを使ってポーチ自体をマスクの一時置きとして使うこともできます。

また、使用済みマスク、未使用マスク、を分けて入れるのにも便利です。

予備用のマスクも入れられるのがいいですね。

より快適に、衛生的に使用できますね。

ポケット部分は両面ラミネート生地を使用しているため、除菌ウエットティシュなどで拭くことができ、清潔を保てます。

コラボしている tukurite fabric ブランドの品であり、隅々までしっかり縫製されているのがご覧いただけます。

きちんとチャックが閉じるタイプで、マスクがはみ出したりせず、バッグの中でも他に触れることなく、持ち運びの際も衛生的です。

おしゃれなデザイン

シックな夜空柄、こんなマスクポーチ出てきたらかっこいいですよね。

お花柄ポーチがバッグから出てきたらかわいいですよね。

ストライプに軽快でポップなチェリー柄も素敵です。

明るいトーンのお花柄もいいですね。

宇宙旅行とダンシング宇宙飛行士の柄も楽しいです。

「Hand Made」 のロゴ、タグも、ワンポイントの効いたアクセントとなっていて、よりマスクポーチを引き立てています。

身につけているものとのコーデも楽しめそうですね。

マスクポーチ スマートな清潔感のあるアイテムとして

食事時などで、きちんとマスクをポーチにスマートに収納している姿はステキですよね。

また、口や鼻に直接触れるマスクは、清潔に持ち運び保管することで、感染予防につながります。

あなたの好みに合わせて、以前ご紹介したマスク仮置きケースと、比べて選んでみても良いかもしれません。

収納する時に折り畳む or 畳まない、マスク単体 or 複数で使用済み・未使用で分ける、好みの持ち運びスタイルや身につける物との相性、などで選んでみるのも楽しいかもしれません。

感染症対策も万全にして、持ち運びたくなるようマスクポーチを持って、また次の旅行やお出かけに行こう。

マスクポーチも含めたステキな旅行グッズはこちらをご覧ください。

旅行グッズについての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

海外安全ホームページ 安心安全な旅行のために

現在海外渡航は難しい状況ですが、この先、海外渡航を検討している方もいるでしょう。

「いつ頃から海外に行けるのかな?」
「行こうとしている国は安全かな?」
「旅行会社のツアーはどうなると、出発、中止、になるのかな?」

個人・グループで行く場合も、旅行会社を利用する場合も、渡航可否を判断する重要な目安があります。

それが、外務省海外安全ホームページの危険情報です。

今日はこの海外安全ホームページについてお伝えします。

海外安全ホームページ について

外務省が開設しており、海外渡航情報の項目から詳しくご覧いただけます。

国・地域別に、危険情報、感染症危険情報、スポット情報、広域情報、安全対策基礎データ、テロ概要、などを調べることができます。

在外公館などから情報を集め、日本国民の海外渡航の安全を守る情報を発信しています。
自分の身は自分で守る、それを手助けする情報を提供しています。

危険情報についてはカテゴリー分けされ、危険度に応じてレベルが4段階で示されます。

それでは見てみましょう〜

危険情報 安全対策の4つの目安(カテゴリー)

「レベル1:十分注意してください。」その国・地域への渡航、滞在に当たって危険を避けていただくための特別な注意が必要です。
「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。
「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」その国・地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。(場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)
「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国・地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。

これを踏まえて、2021年5月現在、実際の危険情報をみてみましょう〜

現在は、その国の感染症拡大程度によって、レベル2、レベル3、であることがわかるでしょう。

今後、いつ頃海外渡航ができるかについては、この危険情報レベルが下がり安全度が増すかどうかに関わってきます。

また逆に、危険情報レベルが上がってくる可能性がある場合は注意が必要です。

旅行会社の多くは、この外務省が発出する危険情報のレベルに応じて、企画旅行の実施を判断しています。

日本旅行業協会(JATA)では海外旅行の安心安全な実施のためのガイドラインを策定しています。

JATAで策定されたガイドライを元に、各旅行会社でもガイドラインが策定されており、それによってツアー実施判断がされています。

多くの旅行会社の場合、危険情報のレベル1とレベル2の境界が、旅行実施可否のボーダーラインとなっていることが多いようです。

またキャンセル料については、ツアーの参加申し込み後、あなたの判断でキャンセルする場合は、出発日から数えた日数によってキャンセル料がかかってきますので注意しましょう。

外務省が国民の安全を考え、在外公館などの情報から総合的に判断して危険情報レベルを上げる。そういった状況をみながら旅行会社が判断して旅行実施を取り止めた場合にのみ、お客様のキャンセル料はかからない、ということです。

また海外安全ホームページには、「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」というものがあります。(音量下げて見てね↓)

中堅・中小企業ではなく旅行者にとっても当てはまる内容です。
動画、漫画を使って安全対策を身近にわかりやすく伝えており、見てみると面白いですよ。デューク東郷の声が舘ひろし(笑)

旅行会社の日程表にも書いてありますが、3ヶ月未満の渡航の場合、「たびレジ」の登録をしましょう。
登録した国・地域の安全情報が、リアルタイムで入ってきます。

ちなみに3ヶ月以上渡航の場合には、 オンライン在留届を登録することとなります。

実際のツアーと危険情報

実際に旅行会社のツアーでは、どういう判断がされるのでしょうか?

わたしは2020年3月11日発のスペイン8日間のツアーを添乗してきました。

出発前に危険情報レベル1の状況で出発しました。

現地スペインに着くと、全土で新型コロナウィルスの感染拡大が始まった時期で、プラド美術館、アルハンブラ宮殿、サグラダファミリア、など次々と閉鎖されていきました。

スペインのサンチェス首相から、国民に向けて非常事態宣言が出されました。

日本では時差により夜中の時間ではありましたが緊急事態のため、旅行会社ツアー担当者へ電話連絡をとり、添乗員目線から現場の様子を伝えました。
その後早期帰国便手配の判断がなされ、お客様にも状況をお伝えしご了承いただきました。
この判断と同じ頃、外務省の危険情報がレベル2に引き上げられました。

予定より2日間早く帰ってきたことになります。

旅行会社が、お客様の安全を考え、外務省の危険情報のレベルも考慮しつつ、旅行実施継続の判断をした一例でしょう。

外務省も旅行会社も、安全に、旅行を楽しんでもらえるよう努めています。

安心安全な旅行のために

海外に安全に自由に渡航できるようになるといいですね。

旅行に持っていきたくなるグッズについてはこちらでご覧いただけます。

旅行グッズについての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

ミャンマー 心の痛むできごとについて

〜 最近の ミャンマー のこと 〜

今回は、最近ニュースにも取り上げられるミャンマーについてお伝えしたいと思います。

添乗員として現地に訪れたことがある者として、感じていること、お伝えすべきことがあると思い書くこととしました。

ミャンマー 観光ツアー

振り返ると、2013年1月にツアーで訪れました。

その当時のことなので現在変わっていることも多いでしょう。

乗り継いで、まずヤンゴンへ入ります。

アメリカドルを日本で用意し、ミャンマー到着後、現地通貨チャットに両替。

ヤンゴンから反時計回りに回っていきました。チャイティーヨのゴールデンロック、インレー湖、マンダレー王宮、バガンのパゴダ群、ポッパ山、ヤンゴン。

中には、トラックの荷台みたいのに揺られて上がっていくところもありました(笑)

とにかくパゴダが多い!ゴールデンロックと言われるチャイティーヨパゴダは有名です。
バガンは都だったこともあり、たくさんのパゴダが平原にあります。

パゴダ、パゴダ、って何よ。

ミャンマーは仏教国です。仏様の遺物や経文が納められている仏塔がパゴダで、ミャンマーのいたるところパゴダがあります。

そしてパゴダで一番お伝えしなければならないこと、それは土足エリアを裸足にならなければいけないこと!

観光客であろうとどんな人でも、どこのパゴダに行っても、仏教上、裸足でお参りするきまりです。

裸足が土まみれになるため、クロックスや、中が汚れていいクツがマストです。

日に照らされた石の上の裸足は熱かったー。

ただ、この感覚がだんだん馴染んできて、お参りしている感がわいてきて、ちょっと楽しかった体験でした。

仏教国は他にもありますが、ここまでストイックに守っているところも珍しいでしょう。

上座部仏教で日本に入ってきた仏教より厳しい方の仏教です。

ですが、仏教国に流れる空気は親近感を持ちやすいと思います。

ロンジー(巻きスカート)、これも楽しい体験です。

男女ともに身につけます。

筒型の布なのですが、日中は冬でも30℃前後になる湿度のあるミャンマーでは快適でした。

しばらく日本に帰ってからも家で履いてました(笑)

タマリンドという甘い実を干した物がよく売られていましたが、暑い地域のちょっとしたエネルギー源によかったですね。

露店に薪のようなものを売っているんですが、これをすりつぶして「タナカ」と言われる日焼け止めを、女性を中心に塗っています。

塗る、というか塗りたくっていて、歌舞伎役者並みに、パイ投げ直後のように、顔が真っ白です。

肌をキレイに保つために塗っていますが、だいぶ日焼け止めが肌より前面に押し出され過ぎてる感があります(笑)

ヤンゴンの街には、日本の中古バスがそのまま日本のバス会社名が入っている状態で走っているのをよく見かけました。

なんといっても人の素直さが印象に残っています。

街で触れ合った人たちの多くが、素直で心地よいつつましさを感じました。

袈裟を着たお坊さんたちの熱心さも伝わりました。

ミャンマーを訪れ、同じような感想を持った添乗員仲間もいました。

日本で働いていたミャンマーの方も優しい方でした。

ミャンマー おおまかな歴史

19世紀後半、3次にわたるイギリス=ビルマ戦争でビルマ王国が滅亡、イギリスの植民地支配うける。

第二次世界大戦中、ビルマ(ミャンマーの前の名前)は独立を目指し、イギリスを追い出すため日本側につくが、その後日本に占領される。

大戦末期日本と戦い、大戦後イギリスと戦う。

一連の流れを引っ張ったのがアウンサン将軍。

しかし、1948年ビルマ独立を目前に、アウンサン将軍32歳で暗殺される。

その後、国軍の独裁政治が続く。

その間アウンサン将軍の娘アウンサンスーチーは、イギリスで育ちイギリス人と結婚。

1988年、アウンサンスーチーはビルマに戻り、民主化運動リーダーとなり、NLD(政党「国民民主連盟」)を結成するも、国軍に軟禁される。国の名前がミャンマーに変更。

2008年、軍の権限が強力な憲法が制定。

2011年、民政移管、これ以降民主化が進み、旅行会社でもツアーが多く出るように。わたしの訪れたのも2013年でした。

なぜ、クーデター、デモ、弾圧が、、、

そんなミャンマーですが、現在、緊急事態となっています。

2020年の選挙でアウンサンスーチーの政党NLDが勝利し政権をとります。

そしてアウンサンスーチーの政党NLDは、憲法を改正したい。
なぜか。

・国軍が権力ある省庁を支配できるよう憲法で保障されている。

・外国人と結婚したら大統領になれない規定。イギリス人と結婚したアウンサンスーチーはなれない。

・憲法は議席の4分の3超えないと改正できない。しかも、国軍が選挙で議席取れなくても、4分の1の議席を予め国軍に割り当てるきまりに。

かなり無茶な憲法ですよね。。

今年2021年2月1日、国軍によって、アウンサンスーチー氏ら複数政治家を拘束し、クーデターが実行されました。
憲法改正しようした動きを阻止したかったからと言われます。

このクーデターに抗議したデモ、それに対する国軍の弾圧。人権が無視され死傷者が相当数出ているのが現在のミャンマーの状況です。

日本在住のミャンマー人が抗議集会を開いたところ、ネットでは、誹謗中傷混じりの批判が起きました。

「日本に迷惑かけるな。全員帰国しろ」
「ミャンマーの問題なので自分たちで解決してください」

2010年代、東南アジアは急成長してきました。

日本企業も多く入っていき、ミャンマーはその中でもラストフロンティアと言われました。

現在クーデターによって、日系企業は引き揚げていく状況です。

また今まで、技能実習生という形で、多くの東南アジア人が日本に働きにきており、ミャンマー人も多くいます。

日本人がやらない仕事や、人件費を抑えても働いてもらい、貢献してくれた部分もありました。

そして今、入管法改正案が審議中です。

在留が認められない外国人を速やかに退去させやすくする法律ですが、現在のミャンマーのように人権が危うい状態で、難民認定させずに退去させて良いのか議論が起こっています。

ミャンマーについては、なかなかわかりづらいことも多いですが、少しでも知っておくといいですよね。無関心が生む分断は避けたいところですね。

状況が落ち着きますように

今回はミャンマーに訪れた者としてお伝えさせていただきました。

ミャンマーの人も安心して生活でき、旅行者も自由に訪れることができますように。

旅のお供に、ステキなグッズはこちらよりご覧ください。

旅行グッズについての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

マスク仮置きケース 感染予防とおしゃれを追求

〜 マスク仮置きケース おすすめの紹介〜

マスクの利用が増えましたね。

以前は花粉症対策として身につけていた方が多かったですが、感染予防としてすっかり定着しましたね。

ライフスタイルの一部となってきました。

さて、そんなマスクですが、
食事の時など、外したマスクをどのように一時置きしてますでしょうか?

「ポケットやカバンにそのまま入れたり、テーブルに直に置くのは衛生的にどうなんだろう」
「なんとなく手に入れたマスクケースがあって使ってるけど、毎日使うものだし、いいものあったらなー」
「おしゃれで衛生的なマスク置きがあったらなー」

今回は、食事などマスクを外す際に一時的に置いておける、マスク仮置きケースについて、わたしたちのサイトからお伝えしたいと思います。

ほぼ毎日使う物だから、自分にあったお気に入りのものを、自分で選んで使いたいですよね。

初めての場所に行くお出かけのときも、マスク仮置きケースがあったら便利で心強いでしょう。

マスク仮置きケース おすすめの紹介

実際にみてみましょう〜

マスク仮置きケースA

マスク仮置きケースB

マスク仮置きケースC

マスク仮置きケースD

マスク仮置きケースE

食事時などマスクを外した時に、ポケットに入れたり、テーブルに置かず、さらっとこんな仮置きケースが出てきたらスマートですよね。

ちょこんとテーブルにのせるのもかわいいですね。

そして何より感染防止につながります。

サイズ感

縦14cm 横13.5cm (畳んだ時)
縦28cm 横13.5cm (広げた時)

使い方は、広げてマスクを置き、ゴムを外に出し引っ掛けてボタンホックをパチンととめます。

スマートにマスクを収納できます。

持ち運ぶ際も、薄型でかさばりません。

マスクの種類は、医療現場でのサージカルマスク、アンダーアーマーなどスポーツマスクなど様々なマスクが出てます。
このマスク仮置きケースは、立体布マスクやウレタンマスクなども収まる幅広タイプとなっています。様々なマスクに対応できるようにとサイズ設計されています。

しっかりした縫製

ホックボタンは何度も着脱に耐えうるよう、しっかり取り付けられています。

手にとれば、しっかりと正確に縫製されている様子がわかることでしょう。

衛生的な素材

表裏両面、撥水加工のラミネート素材です。

清潔を保ってお使いいただくため、使用後にアルコールスプレーやウェットティッシュで拭いてお使いいただくことができます。

衛生的で、かつお手入れも簡単ですね。

ただしお洗濯はできませんのでご注意ください。

選べる楽しい柄

生地屋さん tukurite fabric とコラボした作成であり、もちろん生地の柄も、さりげなくおしゃれで、遊び心に溢れています。

夜空を見上げたいような星座柄も、シックでおしゃれですね。

宇宙飛行士たちも楽しそう。よく見ると、ダンシング宇宙飛行士が、ユーモラスな動きで、見ていて思わずクスッと笑えます。

落ち着いたピンク基調のお花柄、明るい黄色系のお花柄、ストライプにリズミカルに配置されたチェリー柄も楽しいですね。ホックボタンも色がおそろいです。

全体として、その色使いから、他のものを邪魔せず、コーデができるでしょう。

様々なデザインから小物アイテムとしてもお選びいただけます。

マスク仮置きケース 普段やお出かけのお供に

こんな時だからこそ、しっかり感染予防したいですね。

そして、普段の生活や、お出かけの時に持ち歩くものなら、気分がリフレッシュできて、愛着のわくものがいいですよね。

わたしたちのサイトでは、マスク仮置きケースの他にも、ステキなグッズを取り揃えておりますので、こちらからご覧下さい。

旅行グッズについての記事はこちらです。

カテゴリー
未分類

旅行持ち物 何を持っていけば良いかを考えてみた

まだまだ旅行には制限がありますが、今回も次の旅行が楽しめるような情報をお伝えしたいと思います。

いざ旅行準備をすると、何を持っていけば良いか迷うことってありますよね。

今回は、旅行での持ち物、についてお伝えしたいと思います。

国内旅行については、おおよそ普段の持ち物でことが足りること、コンビニなどで現地調達がすぐできることから、今回は主に海外を中心にお伝えします。

旅行持ち物 チェックリスト

わたしたち添乗員は出発前に参加者様へお電話することがしばしばあります。

海外の場合ですと、日本の感覚だと忘れてしまいそうなもの、国やツアーの特徴によって持っていった方が良いもの、を中心に簡潔にお話しています。

今回は共通する部分を中心に書いてみます。

それでは、いってみましょうー

パスポート
ゼッタイに持ってきて(笑) 集合受付の時も一番はじめに確認します。この朝イチのパスポートチェックで無く、会社のオフィスにあることが発覚して、急いで会社の方に連絡して持ってきてもらった方もいました(汗)
古い前のパスポートも間違えやすいので注意してくださいねー

パスポートホルダー
合わせて海外では、盗難が日本より多いです。パスポートを無くした話はよく聞きます。一緒に帰れません。首から下げられるタイプなど、何かしらでパスポート管理をしましょう。

旅行保険
日本にいても医療費は、健保、国保、で負担額が抑えられています。海外で病院にそのままかかるとなると、相当額、場合によっては旅行費用の何倍もかかってきます。
ツアーですと帰国後に旅行保険を使われる場合、添乗員が現認書という形で、ツアー中に起きましたという証明書をお渡しするのですが、1ツアーで1枚も書かないことが少ないくらい、保険のお世話になることって多いです。持っていったものが壊れた、帰国後に病院にいく、など何かしらの理由で旅行保険を使われることが多いため、出発前に旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

クレジットカード
海外ではピンコード(暗証番号)入力が一般的ですので、出発前に確認しておきましょう。海外では、JCBが使えず、VISA、MASTERが主流のエリアが多いです。北欧ではキャッシュレスが進み現金が使いづらくなってきており、トイレチップですらもクレジットカード読み込みであったりします。クルーズ船では、乗船前にクレジットカードの登録をします。

現地通貨
ユーロ、ドルに関しては、日本で両替が一般的にいいです。
大きい額の紙幣はお釣りの関係で受け取ってくれないこともあるため、できれば小額紙幣を混ぜて両替しましょう。現地の小さな売店などでは、現地通貨のみ受け取ることもあります。日本の両替で扱っている場合と、現地到着してから両替する場合とがあります。

マイレージカード
航空会社によってアライアンスグループが分かれています。ロングフライトの場合は加算ポイントも多くなるため、個人ベースになりますがチェックイン時にお持ちでしたら各自で出しておきましょう。

変換プラグ(アダプター)  USBポート複数口
海外はコンセントの差し込み口が日本のAタイプと異なることが多いため、どこでも対応できるマルチプラグがあると便利です。
ホテルのコンセント差し込み口も数が限られているため、USBポートで複数差し込めるUSBハブだと、同時に充電等でき便利です。

wifiモバイルルーター  SIMカード
携帯電話のモバイルデータ通信を海外でそのまま行うと高額になるため、モバイルデータ通信はオフ、wifiの利用できるところでの使用が良いでしょう。
ホテルでは、かなりwifiが利用できるようになってきました。
外出中も利用したい場合は、モバイルルーターを借りて持っていく(中国はネットに規制がかかっており、そのままではgoogle、LINEなどは使えないため、VPN対応しているものが必要)、SIMカードを利用する、などで対応します。
SIMカード利用の場合、ツアーでは入国時に購入するための時間を取れないことが多いため、日本のオンラインでSIMカードを買っておき国によって設定することで、かなりお手頃に利用することができます。

服装など
今は便利で、海外の気温もすぐに調べることができますよね。ここ10年でも気温天気予報の精度が上がっている気がします。
日本にいると気づかないことですが、海外に出て大陸的気候と比べると、日本の気候は、寒暖差が穏やか、乾燥していない、紫外線量が低い、ことを痛感します。

ですので、
・気温差を考慮した服装(0℃前後になる場合はカイロなども)
・帽子サングラス日焼け止めなどの紫外線対策(標高のあるところは特に)
・リップクリームなど乾燥対策
など気をつけたいですね。

雨具の選択
1週間もいれば、雨に当たることもあるでしょう。
折りたたみ傘、カッパ、それぞれメリットがあります。
・折りたたみ傘(さしたり閉じたりしやすいため街歩きの時など)
・カッパ(強風で傘が使えない時、ハイキングなど両手を空けて歩きたい時)

ナップサック ショルダーバッグ
両手が空く、脱いだものが入れられる、ことからハイキング系ではナップサックがあるといいですね。
街ブラの時にはショルダーバッグもいいでしょう。

余談ですが、かつて海外ツアーに参加された方で、預けるスーツケースは無く、紙袋に全て入れてやってこられた方にびっくりしたこともありました。

エコバッグ
エコバッグは日本よりも先にヨーロッパなどでは取り組みがされており、買い物の時用に持参したほうがいいですね。

水着
暑いエリアでホテルにプールがあり、滞在時間がそれなりにある場合は、水着を持っていくのもアリでしょう。

薬は大事
薬については、添乗員から基本お渡しできない、現地で買いづらいことから、風邪薬、酔い止め、整腸剤など、あると安心です。

エリアによって、季節によっては、虫除け虫刺され、があった方がいい場合もあります。

アメニティ
ホテルアメニティで簡易的な場合は、シャンプーとボディソープの一体型のもののみ、ついていることがあります。

・シャンプーについては、海外の硬水に合わせた、海外の人の髪質に合わせた仕様になっていることから、髪がゴワゴワになる場合があるため、使い慣れたものが良いでしょう。

・リンス、歯ブラシは、置いてない場合が多いですので用意して持っていきましょう。

また、タオル、バスタオルはホテルにほぼついていますが、厚手が多いため、薄手のタオルが一枚あると便利ですね。

洗剤 期間が長い場合
1週間以上の期間になってくると、洗濯が必要になってきます。
洗剤も色々出ていますが、部屋干しタイプで、臭いがでない小分け洗剤が私はおすすめです。

ティッシュ ウェットティッシュ
トイレ事情に関しては、日本が最も快適だと思いますので、持っていくと安心です。ウォシュレットは海外ではほとんど普及しておらず、ある意味日本文化です。

ネックピロー
顔の大きいわたしは(笑)、機内で自分の首にあったネックピローを使うことで首がつることなく疲労が軽減され、ロングフライトには必ず持っていきますね。

感染症予防グッズ系
マスク、体温計、筆記用具
国内旅行では始まっていますが、これからは海外旅行でも必要になるでしょう。

食事時など、マスク仮置きケース、マスクポーチがあると便利ですね。

書き始めると長くなってきたので、添乗員がツアーで持っていく物については、後日お伝えしたいと思います。

旅行持ち物 選んでいる時間も旅行の一部

色々考えたり準備したりする中で、旅行はいく前から始まっています。

楽しみながら旅行準備ができたらいいですね。

荷造りも楽しくなるような旅行グッズについてはこちらをご覧くささい。

おすすめ旅行グッズについての記事はこちらです。